サービス内容

土地家屋調査士法人equal サービス内容

土地家屋調査士法人equalで取り扱うことのできるサービス

・土地の調査・測量

法務局や市役所にて、土地に関する資料の調査を行います。
また、測量機器を用いて土地の現況を測量し、図面を作成します。

・土地の境界確定

隣接の土地の所有者などと立会いを行い、土地の境界線を確定します。
立会後、「筆界確認書」を作成いたします。この筆界確認書にお互いが署名・押印をして保管します。

・土地に関する登記

1筆の土地を2筆以上に分ける「分筆登記」や、登記されている地積と実測とが異なる場合に、登記されている地積を直す「地積更正登記」を申請します。

・建物に関する登記

建物を新築したとき、増築したとき、取壊したときの登記を申請します。

土地家屋調査・境界線確定業務の流れ

分筆登記の一般的なスケジュール
ご依頼・隣地の方へご挨拶(お客様)
↓ 約1週間
現場の測量、隣地の方へご挨拶(土地家屋調査士)
↓ 約2週間
図面の作成、市町村への境界確認申請書の作成(土地家屋調査士)
境界確認申請書への押印(お客様)
↓ 約1ヶ月~2ヶ月
現地での立会い(お客様、隣地の方、市町村の職員、自治会長、その他市町村が立会いを求めた方)
↓ 約1週間
立会いで確認いただいた境界について確定測量(土地家屋調査士)
↓ 約1週間
図面の作成、境界確定協議書、筆界確認書の作成(土地家屋調査士)
↓ 約2週間
境界確定協議書、筆界確認書へ関係者が署名・押印(立会いをされた皆様)
↓ 約2週間
境界確定協議書について市町村の決済
↓ 約1週間
法務局へ合筆・分筆登記の申請
↓ 約1週間
登記完了
※市町村により立会い・決済にさらに時間がかかる場合がございます。また、隣地の方等の同意が得られない場合、業務を完了することができない場合がございます。

料金 (報酬・費用の目安)

料金 (報酬・費用の目安)
民民境界の確認 23万円〜

民民境界・官民境界の確認 32万円〜

民民境界・官民境界の確認および分筆登記 36万円〜

既に民民境界・官民境界の確認ができている土地の分筆 20万円〜

土地地目変更登記 3万3000円〜

建物表題登記(新築など) 7万6000円〜

建物表題変更登記(増築・一部取壊しなど) 7万6000円〜

建物滅失登記 3万3000円〜

見積もりは原則無料で対応させていただいております。
見積もりの際は登記簿謄本や公図、地積測量図などの資料のご準備をお願いします。
資料をご準備いただけない場合、資料の収集に必要な費用をご負担いただく場合がございます。

事例

ご依頼事例 1 土地の境界線が曖昧なケース

ご依頼事例 2 所有する土地の合筆登記~分筆登記

土地家屋調査士法人イコール 問い合わせ