土地の境界線をめぐる隣地トラブル

「建物を建築するときに隣との境界がわからない」

こうした場面において土地の境界線をめぐる隣地トラブルが起こることがあります。

建物を建てる敷地がはっきりしていなければ、新しく建てた建物がお隣の土地へ越境
してしまう可能性があります。だからこそ建物を取壊したときが境界をはっきりさせるチャンスです。

土地家屋調査士は様々な資料や現況から境界を判断し、お隣と立会いの上で境界標を
埋設します。これによってこれからのあなたの安心を守ります。

土地の境界線確定をめぐる隣地トラブル例

土地の境界線が曖昧なケース

土地家屋調査士法人イコール 問い合わせ