土地を売りたいが境界線がはっきりしない

土地の売却時に問題となる「土地の境界線」。

こうした問題はどこからどこまでが自分の土地なのかをはっきりさせることで解決することができます。

土地を売るときには、境界を明確にすることを求められる場合が増えてきました。

それは土地の価値を上げ、買主さんに安心して買ってもらうためです。逆に土地を買う ときには境界をはっきりさせてもらいましょう。それは土地を買ってからお隣と境界 トラブルになるリスクを防ぐためです。

しかしながら土地家屋調査士が関わっていない場合、「境界を明らかにする」と言っ ても、口頭だけの境界確認で終わり、境界標識の埋設や書類まで作成していないこと があります。

土地家屋調査士は様々な資料や現況から境界を判断し、お隣と立会いの上で境界標を 埋設し、境界に関する書類を作成し、土地の面積や越境の有無まではっきりさせるこ とができます。

土地の境界線確定をめぐるよくあるトラブル例
(土地を売る際の問題)

土地の境界線が曖昧なケース

土地家屋調査士法人イコール 問い合わせ