土地家屋調査士の利用の仕方

土地家屋調査士の利用の仕方

どのようなときに土地家屋調査士の利用すればいいのか、どのようなときに境界を確定する必要があるのか、境界確定が必要な場面についてご案内させていただきます。

土地を売却するとき、土地を分筆するとき、土地の境界線確定が必要になる場合があります。

1.土地を売却するとき

土地を売却するとき

土地の売買では多くの場合、「売主が買主に対して境界を明示する」旨の条項が設けられています。

この条項に基づき、売却前に正確な境界線を明示するために隣接地の所有者と立会い、測量を実施した上で「筆界確認書」を取り交わします。

※過去に分筆等がされていて、土地の境界に関する正確な資料があるときなど、改めて境界確定や測量を行わない場合もあります。

2.分筆するとき

分筆するとき

1筆の土地を2筆以上に分筆する場合、分筆前の土地全体の境界を確定させ、測量しなければなりません。

もし隣接地も同じ方が所有されていたら、隣接地の境界確定・測量も必要になる場合もあります。

分筆する部分のみの境界確定・測量でよいのではないか、と思われがちなので要注意です。

3.その他

行政に対して土地を寄付する場合、行政が所有している土地の払い下げを受ける場合、隣地の方と境界について紛争が生じた場合などに境界を確定する必要があります。

こんなときには土地家屋調査士にご相談下さい

・隣の家の人との土地をめぐるトラブル
・土地を売りたいが、どこからどこまでが自分の土地なのかがはっきりしない
・土地の境界線をはっきりさせる

土地家屋調査士業務

土地家屋調査士法人イコール 問い合わせ